スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥井。

2009/06/27 23:08
torii.jpg


今はまってる小説、「名探偵は引きこもりシリーズ」の鳥井。
坂木司さんの著書なんですけども、なんと著者と主人公が同じ名前なんだなー、これが。
凄く切なくて感動するお話。
人間ってどんな物かを知らしめてくれる、素敵な小説。
泣きたい時は思う存分泣いて良いんだよと語りかけてくれる、そんなかっこいい小説。
坂木の鳥井への愛情は純粋で歪で、とんでもないほどに独占欲の塊で。
子離れする親の、離れていかないで欲しいと言うのによく似た感情。
だけど人間って実は誰でもこんな感情を隠して生きてるんだと思うんだよ。
そういう部分を惜しげもなくさらけ出せる作者が素敵。
でも、何故鳥井が読者や、解説者に、「好きになれない」と言われているのかが謎。
解説者の意見に同意はできるけど、どんなに憎い相手だろうと、結局は心許して付き合おうと努力してるので、そこは好評価を得ても好い筈。
そりゃ、初対面にあの態度はなかろうとは思うけど、そんな輩はいくらでもいるし、そんな自分だったら、余り気にしない。
私は鳥井の性格、解説者が言うほど悪くないと思うのれすよ。



しかし毎度ながら、姉の持ってくる小説ははずれがない。
少なくとも私には。
興味がある方は「青空の卵」でアマゾンしてください。
ちなみに2巻の「仔羊の巣」は表紙を見た瞬間、言葉を失いました←
それではー。

追記は、自分で健全だと思った方は見ないでください。
因みに○○禁には入らないほどのヌルイ物です。
[鳥井。]の続きを読む
スポンサーサイト

こっそりこそこそと。

2009/06/15 00:28
こっそりこそこそとこんばんは。
何かね、気がついてしまったんだけれどもね。
このブログ、いつの間にか1万ヒットしてたんですね。
ありがとうございます。
ので、何か書いてみた。


sekai.jpg

why is the world where either of the people ends sought?

アイスを食べる少年。
アイスだったらKAITO兄さんが専門だったよね。
でも兄さん書いた事無かったんでやめました。すみません。
一応↑はフリー絵ですけども、でかいサイズも用意しますた。(よけいな文字が入ってるけど)




itimanhit.jpgitimanvr2.jpg

あ、今気づいた。でもま、良いか、きにしないきにしない。


使用ソフト:SAI(無料版、しかも姉のPCで)


んで、もう一つ一萬hit記念絵の没↓
tamago.jpg

気が向いたら塗るかも。
きっと、下書きを張り切りすぎて塗るのが面倒になったんだねw

girinihoigi.jpg

そしてなんかおまけ。
公式あとで調べたら、ヘラちゃんの髪色違う事が判明しました。
後なんか、黄昏れてるのは、ヘラちゃんに菊を取られて打ち拉がれている朝ですw
きっと泣いてんでしょうねwww

ま、それはさておき、こんなちまーいブログに来ていただいてる方々、本当にありがとうございます!
大好きです!
これからもよろしくして頂けると踊って喜びますw





さて、、、(絵はないよ。サー1000)

2009/06/06 22:35
かなり端折ってかいております。
しかも絵もなけりゃ、小説もありません。
ただの日記。日記なんですよ、奥様方。
それに、ほんに詰まらない日常を述べた物ですのよ。
それでもよろしければ、どうぞご覧あそばせ。



おはこんばんにちわ。
何かお久しぶりです。
此のごろ又もやスランプ真っ盛りのhanahatiです。
スランプと言えばそうでもないんだろうけど、絵を描こうという気力とか、欲が湧いてこない。
テスト中は、テスト終わったらいっぱい何か書いてやろうって気持ちでいぱーいダッタんですけれども、何か違った。
というか、テスト終わっても絵を描く暇がなかったんです。
学校のたった一日の体育祭の為だけに結成される、ナンチャラら委員会という物に、友達に誘われ入ってしまって。
そしてテストが終わった時点から、土日含む一週間、ずっとそれに身を投じておりました。
苦ばかりが襲ってきたんでは無く、良い事もあったんですけどね。
余りにもタイプが違いすぎて、一度も話しかけた事のない子と仲良くなったんだ。
何故かこの駄目人間に懐いてくる可愛い後輩も一人いたし。
何度も、

「私は出来る人の後ろに付いて成功を手にする人間だから、私の後ろおったらかなり危ないと思うけど。」

と言ったんですが奴は

「逆にそう言う人の方が成功したりするので、敢えて貴方の後ろに付きますよ(笑)」

そう答えて、自分の後ろにくっついて歩き回るんだよ・・・orz
もう、失敗の巻き添え喰らってもしらねー、勝手にしろー^^とか思ってたら、実際巻き添え喰らうんだものww
自分が虚しくて笑えてきたぞこの野郎w

そして、余りにも不器用すぎる自分にお母さんみたく接してくれた子が、上で述べた子。
しょっぱなから自分は、ペンキを床にぶちまけてしまいましてね。
そしてそれを、「もー、家の子は、ホントすみませんねー」と言いながら拭く其の人はまさしくお母さんそのものであった。
おまけに可愛いと来ました。
「もう、おかあさんって呼んじゃってOK?」
「OK」
それが何かきっかけで話す様になった感じ。
結果、自分の使ってた緑色のスリッパ片方が、赤く血塗れた(赤いペンキ全体に塗りたくった)スリッパに大変身し、白十字が書かれたスイススリッパになりました。
今まで髪の毛をパーマ当てるぐらいしかしなかった私ですが、何か今回はド派手にやっちまったようで。
ウッカリうっかり。
でも楽しかったのでおk。

体育祭当日。
我ら赤団の委員会が作った物が見事に最優秀賞に輝きますた。
おー・・・すげー!
と感動して振り向けば、そこには、、 、以下略。

多分、言ったら怒られそうなので以下略で。
すみませ。
取り敢えず、感動的なラストだったことは確かだと思われます。

と、まあ、そんな感じで毎日を送っていたので絵を描く時間がありませんでした。
すみません。
明日から書けると良いと思う。


。ぐばーい

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。