スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えてみた。

2008/01/27 17:52
shattegiga.jpg


左:Shatte Rorel(シャッテ・ローエル)
右:Gigael(ギガエル)

英語つづりなんて知りませんワラ
何か左の子はボーカロイドをイメージしてこんな子が出たらいいなーと言う理想で書いたオリジナル、ギガエルの方は良く分からんけどふと思いついたオリジナル。
因みにギガエルの周りをグルッと巻いているのは雷らしきものです。
設定では、ある日、雷を自由自在に操る事が出来ると言う神がいて、その噂を聞いたギガエルは馬鹿だったので神が雷を体中に纏っている間に水をぶっ掛けてしまい、意識を失わせてしまった。
神の怒りに触れたギガエルは一生雷を纏わなくては生きていけない体になってしまい、とめる方法も分からないまま、雷が危ないと皆に避けられ生きる、と言う感じの設定です。
シャッテはフニフニした柔らかい性格の持ち主で、ギガエルが纏う雷が気になりいつも後ろを付いて歩く。
始めは嫌がっていたギガエルですが、後ろで転んだり落とし穴に嵌ったりと言う彼女の間抜けな行動に、いつしか放ってはおけない!と言う感情が芽生え始める。
そしてシャッテと接している間は、何故か雷が触れられる程度には弱まるのである。
時折見せるシャッテの笑顔や仕草にギガエルは惚れて行くのであったー。

と言う何とまぁ、ポエポエした和み系な話なんですが、小説書きたいなぁとか思ってます。
でも自分の事だから、3日坊主で終わってしまいそうで怖い^^

でわでわ
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

何だそれ超読みたいです(ぉ
シャッテかあいいよシャッテ



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。