スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/20 00:56
君のための物語 (電撃文庫 み 13-1)


これは第一章からボロ泣き。
何これ!何これ!めったに泣かない自分が泣いた!
兎に角「セリア」と「私」本当に生きてる間にくっ付け!ってずっと願ってた。
何だ!セリアのあの素晴らしい最後は・・・!
哀しすぎる・・・・!
うぉー、俺はもうセリアの虜、セリアとレーイは俺の嫁ーー!
ってか、水鏡希人さんの書く文字一つ一つが俺の嫁!
尊敬する・・・・。
ええもう、”奇妙にして親愛なる”青年、レーイと話してみたくてうずうずしておりますよ。
ってか、この帯のフレーズが本当にツボ。
頁を繰る手が止まらない、えぇ、マジ止まりません。
トイレ行けません←お

とにかく、大好きだアアアアア!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。