スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、、、(絵はないよ。サー1000)

2009/06/06 22:35
かなり端折ってかいております。
しかも絵もなけりゃ、小説もありません。
ただの日記。日記なんですよ、奥様方。
それに、ほんに詰まらない日常を述べた物ですのよ。
それでもよろしければ、どうぞご覧あそばせ。



おはこんばんにちわ。
何かお久しぶりです。
此のごろ又もやスランプ真っ盛りのhanahatiです。
スランプと言えばそうでもないんだろうけど、絵を描こうという気力とか、欲が湧いてこない。
テスト中は、テスト終わったらいっぱい何か書いてやろうって気持ちでいぱーいダッタんですけれども、何か違った。
というか、テスト終わっても絵を描く暇がなかったんです。
学校のたった一日の体育祭の為だけに結成される、ナンチャラら委員会という物に、友達に誘われ入ってしまって。
そしてテストが終わった時点から、土日含む一週間、ずっとそれに身を投じておりました。
苦ばかりが襲ってきたんでは無く、良い事もあったんですけどね。
余りにもタイプが違いすぎて、一度も話しかけた事のない子と仲良くなったんだ。
何故かこの駄目人間に懐いてくる可愛い後輩も一人いたし。
何度も、

「私は出来る人の後ろに付いて成功を手にする人間だから、私の後ろおったらかなり危ないと思うけど。」

と言ったんですが奴は

「逆にそう言う人の方が成功したりするので、敢えて貴方の後ろに付きますよ(笑)」

そう答えて、自分の後ろにくっついて歩き回るんだよ・・・orz
もう、失敗の巻き添え喰らってもしらねー、勝手にしろー^^とか思ってたら、実際巻き添え喰らうんだものww
自分が虚しくて笑えてきたぞこの野郎w

そして、余りにも不器用すぎる自分にお母さんみたく接してくれた子が、上で述べた子。
しょっぱなから自分は、ペンキを床にぶちまけてしまいましてね。
そしてそれを、「もー、家の子は、ホントすみませんねー」と言いながら拭く其の人はまさしくお母さんそのものであった。
おまけに可愛いと来ました。
「もう、おかあさんって呼んじゃってOK?」
「OK」
それが何かきっかけで話す様になった感じ。
結果、自分の使ってた緑色のスリッパ片方が、赤く血塗れた(赤いペンキ全体に塗りたくった)スリッパに大変身し、白十字が書かれたスイススリッパになりました。
今まで髪の毛をパーマ当てるぐらいしかしなかった私ですが、何か今回はド派手にやっちまったようで。
ウッカリうっかり。
でも楽しかったのでおk。

体育祭当日。
我ら赤団の委員会が作った物が見事に最優秀賞に輝きますた。
おー・・・すげー!
と感動して振り向けば、そこには、、 、以下略。

多分、言ったら怒られそうなので以下略で。
すみませ。
取り敢えず、感動的なラストだったことは確かだと思われます。

と、まあ、そんな感じで毎日を送っていたので絵を描く時間がありませんでした。
すみません。
明日から書けると良いと思う。


。ぐばーい

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。